2021.04.24

司会者の活躍の場 ②

今週はずっとすがすがしい晴天が続き気持ちの良い毎日を過ごせましたね。
ところで、「すがすがしい」と「さわやか」は実は同じようで違うってご存知でしょうか。
「すがすがしい」は初夏の季語、そして「さわやか」は秋の季語だそうです。
日本語は本当に難しいものですね。
気象予報士の方々はこうした表現にも気を遣っているそうですよ。

今回も司会者の活躍の場についてお話をさせて頂きます。
テレビやラジオのCMや番組、テーマパークでの音声などの「ナレーション」も司会のお仕事のひとつです。
「ナレーター」と呼ばれ、声優のような表現力と、アナウンサーのような正確に告知する2つの技術が必要とされます。

地上波のTV番組でもラジオ番組でも、何百万人という人々に声だけで伝えることになる重要な仕事ですので、求められる技術もそれだけ高くなります。
日本が誇る「アニメーション」の世界でも今やテレビだけではなくインターネットを通じて膨大な作品が配信されており、まさに声優さん達が大勢活躍していますね。
司会者の中には俳優や声優、ナレーターの経験者も多く、そこで培われた表現力が個性となって披露宴やイベントを更に素晴らしい空間に作り上げる事が出来るのです。


(司会者S)